- 冷え・むくみ

冷え・むくみ

冷えやむくみに対して行っているその選択、本当にベストですか?

冷え

冷えの原因は神経や脳の病気がなければ「血流の低下」が主な原因だと言われています。お悩みの方はとくに手や足など末端が冷えたりむくんでしまう方が多いのではないでしょうか。
なぜ血流が低下し、冷えやむくみが起きてしまうのでしょうか。血流は常に必要なところに流れるという大原則があります。

血流が低下する原因として多いのはストレスです。ストレスによって血流や血圧をコントロールする自律神経が乱れたり、ホルモンバランスが崩れたりすることで脳が危機的状況だと察知し、生命維持に必要なお腹(内臓)や脳に血液を集めようとします。
その結果、心臓から最も遠い手や足というのは血流が低下していってしまうのです。

むくみ

むくみの原因も冷えと同じように血流低下によるものが大きいでしょう。むくみというのは体の中を巡る水分がうまく循環せず溜まってしまっている状態です。体液は通常は心臓からスタートし血管やリンパ管を通じて全身を巡って心臓に戻されたり、腎臓から尿として排出され常にコントロールされています。

リンパ管とは血管のすぐそばを通っており、リンパ管自体は血管のように拍動しないため、自力で動くことができません。そのため血管の拍動で一緒に動いて水分を運んでいます。重力の影響で下半身に溜まりやすいのも特徴です。血流が正常に確保されていればリンパ管の水分はしっかりと移動できるのですが、血流が悪くなることで水分も運べずに溜まってしまいむくみとなるのです。

ちなみにラーメンなどの塩からいものを食べたあとでむくみが出た経験はありませんか?体内で濃くなったナトリウム(塩分)のバランスを取るために水分を外に出さずに身体に水分を溜めこもうとするからです。食べているそばから喉が渇いて水が欲しくなりますよね。こうやって身体は水分のバランスを自然と取っているのです。

ですが、こういった食べ物などの影響がない場合、血流を悪くさせている原因として多いのが実はストレスによる「自律神経の乱れ」です。ストレスと言っても精神的なストレスだけでなく、ゆがみ、睡眠不足、慢性的な疲労、生活習慣の乱れなども脳にとってストレスとなります。

自律神経のうちの交感神経の働きが過剰になることで筋肉は常に緊張し血管が細くなり血流が悪くなっていきます。緊張して手が冷えた経験はありませんか?ストレスは体に緊張を与え、長期間続くことで循環が悪くなりむくみを引き起こしていきます。


当院では鍼灸・整体・自律神経調整・アロマを組み合わせてあなただけのオーダーメイド療法で体質からアプローチを行います。施術以外にも生活習慣の指導を通じて自律神経の働きを取り戻し、冷えやむくみを改善させていきます。


アクセス情報

所在地

〒286-0048
千葉県成田市公津の杜2-14-1

駐車場

2台あり

休診日

木・祝日

ご予約について

当院は予約優先制となっております