- Blog記事一覧 -変形性膝関節症の治療方法

変形性膝関節症の治療方法

2018.07.27 | Category: ひざの痛み

こんにちは、セドナ整骨院の金子です!

 

 

変形性膝関節症の当院ではどんな治療を行っているのかをご紹介しますね(^^)

 

変形性膝関節症の治療をする前に大切なことなのですが、「一度変形してしまったら手術をする以外に元の形に戻すことができない」ということです。

 

だからこそ早期治療が必要ですし、いま悩みを抱えていなくても膝だけでなく関節、ひいては代わりのないお体のことを大切にしていただきたいと思っています。

 

変形の進行を防いだり、遅らせること、つらい痛みを良くすること、固まった動きを改善することは十分に可能です。それだけでも生活の質はグッと良くなりますよ!

 

当院では膝の痛みやこわばり、腫れなどに対して骨盤矯正や脚の左右差の調整、重心バランス改善を行います。カイロプラクティックというバキバキしない骨格の矯正に特化した施術で痛くなく治療が可能です。

 

 

他にも鍼灸治療も膝や関節痛、筋肉痛に有効です。痛みがあると動かす機会が減り、だんだんと筋肉が落ちたり関節がこわばってきたりします。鍼灸治療は血流の流れを促進することで痛みの緩和、可動域の改善だけでなく、冷えやむくみにも有効です。

 

 

ちょっと怖い…と思う方もいるかもしれませんが、急性期から慢性期まで幅広く対応できるところや骨格矯正では届かない細かい筋肉や組織に直接刺激が入れられるのは最大のメリットです。

 

補助的な治療としてオイルトリートメントをご提案することもあります。腫れや動かしたときに起こる熱感(炎症反応)を早く引かせる効果のあるアロマをブレンドし、膝に塗り込んでいきます。良い香りで癒されながらの治療ですので、人気のメニューだったりします(^^♪

 

 

 

 

一例ですが、

①膝に水が溜まってしまい階段などがつらいという状態

何が膝に負担をかけているのかを検査し、重心バランスの問題でしたら骨格矯正をメインに、使い過ぎや筋肉のこわばりなどが原因の場合は鍼灸によって治療していきます。

 

 

②膝の周りにある筋肉が緊張している、冷えやむくみも伴う状態

炎症や水分代謝を改善するオイルを使用しで膝周りのトリートメントを行い、膝関節の動き出していきます。

 

③1ヶ月以上膝の痛みで悩んでいて曲げると痛みが出る、足をつくと膝が痛いという状態

ゆがみによって膝関節に負担をかけ続けてしまっていて、放っておくとゆるやかに悪化することが考えられます。骨盤や脚の長さをチェックし原因となっているバランスの悪さを改善し膝への負担を減らしていきます。

 

 

これらはあくまで一例ですが、状態や症状を様々な角度から診て施術の方針を決めていきます。

 

膝の痛みでお悩みでしたら、いつでも私たちを頼ってください。

 

最後までお読みいただきありがとうございました!


アクセス情報

所在地

〒286-0048
千葉県成田市公津の杜2-14-1

駐車場

2台あり

休診日

木・祝日

ご予約について

当院は予約優先制となっております