- Blog記事一覧 -梅雨の不調には鍼灸

梅雨の不調には鍼灸

2019.06.07 | Category: 体質へのアプローチ,鍼灸

こんにちは

セドナ整骨院・鍼灸院公津の杜院の金子です。

 

Instagramにて情報更新中!

よろしければご覧ください♪

Instagram https://www.instagram.com/sedona_kozunomori/

 


関東では今日から梅雨入りとなりました。

特に今日から明日にかけて雷雨や突風なども伴う可能性があるとのことで、梅雨入りからいきなりの荒れ模様です(^^;)

 

これから梅雨を迎えるにあたって気を付けたいのが「湿度」です。

単純に湿度が上がるとジメジメして嫌だな~というのもあるのですが、東洋医学では天気の偏りは不調の原因となると言われています。

 

東洋医学では「気」を大切にしています。

五臓六腑の働きがよく、気・血・水分のバランスが取れている状態が健康であると定義もされています。

 

天気という漢字もよく見ると天「気」ですので、晴れ過ぎ、雨降り過ぎ、暑過ぎ、寒過ぎは気を狂わせ、人体に影響を及ぼし不調を引き起こします。

天気の気は6つあり、風(ふう)、寒(かん)、暑(しょ)、湿(しつ)、燥(そう)、火(か)に分類されます。

 

その中で梅雨時期は「湿」の影響が強くなります。

 

健康な状態であれば天気の変化は何の影響もありませんが

疲れ、ストレス、睡眠不足、運動不足、血行不良…など

何らかの原因によって身体の「気・血・水分」のバランスがおかしくなっていると、こういった外部環境の変化についていけず、不調が出てきてしまいます。

 

人間も自然の一部ですので天気が変化する時に体内でも様々な変化が起こるのです。

(現代で言うと自律神経がその調整をしています)

 

この時期に多いお悩みとしてむくみ、だるさ、冷え、しつこい痛みやコリといったものが上げられます。

もともと水分代謝が悪くなっているところに雨が続くことで身体に「湿」が加わり症状がひどく出てきます。

雨が降ると体調が悪くなるという方は要注意です。

 

セルフケアとしては胃腸を健やかにし、水分の代謝を促すことが重要です。

脂っこいもの、夜中の食事、塩分や糖分の過多を控え、規則正しい生活を心がけましょう。

 

当院でも天気の変化で体調が悪くなる方をたくさん診させていただいています。

施術の中心は鍼やお灸で気・血・水分のバランスを整えることと、全身の循環を良くしていくために骨格矯正を組み合わせて行います。

 

長く不調でお悩みの方には体質に合わせてブレンドしたアロマを経絡に沿って流していく「陰陽五行オイルトリートメント」もオススメしています。

 

身体をケアして梅雨をスッキリ過ごしませんか。

また体質から変えていきたいという方もお待ちしています。

 

セドナ整骨院・鍼灸院公津の杜

0476-27-3949

 

SNSでセドナの日常を更新中!

登録なし見られますのでお好きな方をご覧ください♪

Facebook https://www.facebook.com/sedona.koudunomori/

 

Instagram https://www.instagram.com/sedona_kozunomori/


アクセス情報

所在地

〒286-0048
千葉県成田市公津の杜2-14-1

駐車場

2台あり

休診日

木・祝日

ご予約について

当院は予約優先制となっております