- Blog記事一覧 - 肩こりの記事一覧

肩こりの記事一覧

肩こりと鍼灸

2018.09.03 | Category: 肩こり

こんにちは、セドナ整骨院・鍼灸院の金子です。

 

今日は肩こりと鍼灸施術について紹介していきます!

 

肩こりとは首や肩の筋肉が血行不良やそれに伴う酸欠を起こすことで筋肉が緊張し、それが長く続くことで筋肉の塊ができてしまっている状態です。

 

皆さんお悩みの症状のひとつですよね。。

 

長く肩こりが続くと随伴症状として吐き気、頭痛、不眠、めまいなども出てくることがあります。

これは肩こりによってストレスが蓄積し、自律神経が乱れてしまうことで出てくる、肩こりの重症度が増している状態です。

 

 

筋肉が緊張する場所は実は人それぞれあり、実は緊張する場所が違えば原因となる筋肉も違ってきます。

 

首の後ろが緊張する

・僧帽筋

・肩甲挙筋

・後頭下筋群(首の後ろにつく複数の細かい筋肉の総称です)

 

首の横が緊張する

・胸鎖乳突筋

・斜角筋

 

首の前が緊張する

・胸鎖乳突筋(横とかぶっています)

・広頸筋

 

このように緊張する場所によって筋肉が全く変わってきます!

 

患部の筋肉で血行不良状態が続くことでコリができてしまうのですが、鍼灸は筋肉をゆるめるのに適した施術方法なんです。

 

※画像はイメージです

 

鍼灸は東洋医学を代表する施術方法として2000年以上も前から人類の健康に役立ってきました。

 

特に鍼のよいところはコリとなっている筋肉に直接刺激を入れられることです。

マッサージでは届かない深部の筋肉でも鍼なら届かせることができるのです。

 

鍼を刺すことで小さな傷ができます。

体は傷を回復させようとする機能がありますので、刺激が入った部分の血管を広げて血液を集めてくれます。

この作用を利用して筋肉で血行不良が起きている部分に鍼で刺激を入れることで血流を増やし、コリをゆるめることができるのです。

 

灸も非常に良い施術方法のひとつです。

熱の刺激によって血流を集める効果は鍼よりも高く、冷えやむくみなどにも有効です。

最近では決まった温度まで上がらず、安全性の高いお灸なども出てきました。昔より気軽にお灸ができるようになりました♪

 

 

 

遥か昔の薬がない時代には鍼灸で様々な不調を良くしていた歴史があります。

特に鍼灸発祥の中国では鍼灸師は王の健康管理を行う非常に地位の高い職業だったとか。

 

近年では鍼灸の作用についてもかなり解明されてきました。

ツボを使うことで自律神経の働きを改善させることができ、内臓の不調や病院で原因不明と言われた頭痛、めまい、耳鳴りなどにも応用することが可能です。

 

肩コリに加えて吐き気、頭痛、不眠、めまいなど自律神経の乱れがある場合にも鍼灸はとてもオススメです!

 

 

当院では小学生からご高齢の方まで鍼灸を受けており、非常に多くの方に喜んでいただいている施術方法のひとつです。

初めてで怖い・・・という方も終わってみたら「毛を抜くよりも全然痛くない」と仰るくらいです♪

 

お悩みの方は気軽にご相談ください。

 

セドナ整骨院・鍼灸院・カイロプラクティック

0476-27-3949

肩こりと枕② ~高さが合わない枕~

2018.06.05 | Category: 肩こり

こんにちは!

京成線「公津の杜駅」から徒歩1分!

肩こりやシビレの専門施術を行う

セドナ整骨院・鍼灸院です。

 

 

今日も「肩こりと枕」についてみていきましょう。

 

人間の背骨はもともとゆるやかにS字状にカーブしています。これは正しいものです。

ですが、そのカーブは人によってそれぞれです。

売り場では様々な枕を見かけるかと思います。今回からは枕の特徴についてお話ししていきますね!

 

今回のテーマは「高すぎる枕」!値段ではございません!

今後のご参考にして頂けたら幸いです。

 

  • 高すぎる枕

枕が高すぎると、人よっては頚椎やノド、そして首や肩の筋肉に負担がかかり朝起きた時の疲労感や1日の肩こりの原因になることがあります。

宿泊先の枕が高くて、次の日に首が痛くなってしまった・・・という経験がある方も多いのではないでしょうか?

 

80%

 

これは何の数字でしょうか。

 

実はこれは「肩こり」に悩んでいる日本の割合だそうです。

とある研究では「肩こりに悩むほとんどの人が、こだわりがなく枕を使い、自分にとって最適な高さの枕を使っていない」

ということがわかったそうです!

何でもいいや・・・と思ってしまっている方も実は多いということですね。

 

高すぎる枕で寝ると、どのような負担が体にかかるのか説明していきます。

 

 

まず、顎が引けて頭が前に傾きます。これを頸部の屈曲と言いますが、この姿勢では首や肩の筋肉に余計な力が入ってしまいます。

この状態が続くことで筋肉がこわばって、血流が悪くなり、朝起きたときには肩こり状態になってしまうのです。

また、寝ている途中で枕が頭から外れ、気づいたら枕なしになっていた・・・という人は、枕が高すぎて無意識にどかしてしまっているからだそうです。

 

高すぎる枕は、眠りに入るときは首の後ろが伸ばされて気持ち良い感じがする。という方もいらっしゃいますが、長時間伸ばされるとやはり筋肉や頚椎に負担がかかり、首から肩にかけての血行が悪くなるのでよくないとも言われています。

 

また、枕が高くなることでノドがつまり「気道(気管)」が狭くなることがあります。それはいびきの直接的な原因になることもあります。

逆にいびきで悩んでいる人も、場合によっては枕を変えることでいびきの出方が変わる可能性もあります。

 

 

 

院長 金子竜太

 

整体・鍼灸・アロマ・自律神経を組み合わせるオーダーメイド療法は

首の痛み、寝違え、寝起きの痛みを解決に導きます。

京成線「公津の杜駅」から徒歩1分

セドナ整骨院・鍼灸院 公津の杜院

0476-27-3949

千葉県成田市公津の杜2-14-1セキードセキ1F

肩こりと枕① ~体の構造を知る~

2018.06.01 | Category: 肩こり

こんにちは!

公津の杜駅から「徒歩1分」

寝違えや肩こりの専門施術を行う

セドナ整骨院です。

 

当院でも首肩周りの痛みを訴える方は非常に多いです。

その中でも「枕はどれを買えばいいのですか?」という質問をよく受けます。

確かに枕選びは重要です。
高さ、大きさ、柔らかさ、素材・・・

無数の組み合わせの中から勘で選ぶのはとても大変なことです。

 

単純に 値段が高い=良い枕 とも言えません。

個人個人によって首の背骨の形状や、頭部の状態は違うのです。
人間は一日の約3割から4割の時間を睡眠に使い、身体を回復させています。なので睡眠の質は、肩こりに限らず自分に合った枕の選択は非常に大切です。

 

「肩こり」と「枕」について、今回から数回に分けて解説をしていきます。
このシリーズを読み終わるころには「もう、枕選びで迷わない!」と言ってもらえるようにしていきます!

 

まず初めに自分の体の形状を理解することが大切です。
敵を知る前にまず、己を知る!ということですね!

 

 

 

 

☆背骨について☆

背骨の骨は実は名前と個数が決まっています。

頭蓋骨の下から順番に
「頚椎(けいつい)」
「胸椎(きょうつい)」
「腰椎(ようつい)」
「仙骨(せんこつ)」
「尾骨(びこつ)」となっています。

頚椎は7個の骨、胸椎は12個、腰椎は5個の骨から構成され、それに続く「仙骨」はもともと5個の仙椎に分離していました。ですが進化の過程で「骨癒合」して1つの仙骨となっています。最後に、小さな尾骨が続いています。

脊柱は前からながめるとまっすぐに見え、横からみると「ゆるやかなS字状カーブ」を描いています。
このゆるやかなカーブの事を専門的用語で「生理的湾曲」と呼びます。
この生理的湾曲が崩れることで、首、背中、腰に大きなストレスとなり、様々な不調や痛みを引き起こします。

イラストの赤線・矢印の部分が頚椎です。夜寝て、疲れた関節周りを回復させるためにも枕は大切になってきます。

 

背骨にはカーブがあり、それが崩れると不調を引き起こす。

これがポイントです!

 

 

京成線公津の杜駅から徒歩1分!整体・鍼灸・自律神経調整・アロマを組み合わせた

オリジナルオーダーメイド療法で体質から改善!

むち打ち、シビレ交通事故後遺症の専門治療

 

セドナ整骨院・鍼灸院 公津の杜院
0476-27-3949

千葉県成田市公津の杜2-14-1 セキードセキ1F

肩こりと枕について①

2018.05.25 | Category: 肩こり

こんにちは!

公津の杜駅から「徒歩1分」

急性の腰痛、痺れにも対応しています。

セドナ整骨院です!

 

 

当院でも首肩周りの痛みを訴える方は多いです。

その中でも「どんな枕がいいですか?」という質問をよく受けます。

 

確かに枕選びは重要です。
高いのいいのか低いのがいいのか、

固いのがいいのか柔らかいのがいいのか。

単純に値段が高い低いでは解消できない問題でもあります。
個人個人によって首の背骨の形状や、頭部の状態は違うのです。
人間は一日の1/3~4を睡眠に使い、回復・休息する為、
睡眠の質は、肩こりに限らず自分に合った枕の選択は非常に大切です。

今回からは「肩こり」と「枕」の関係性を数回に分けて紐解いていきます。
このシリーズを読み終わるころには
もう、枕選びで迷わない!と言ってもらえるようにしていきます!

 

まず初めに人体の形状を説明します。
敵を知る前にまず、己を知る!ということですね!

☆背骨について☆

背骨の正式名称は「脊柱」とよびます。脊柱は上から順番に
「頚椎(けいつい)」
「胸椎(きょうつい)」
「腰椎(ようつい)」
「仙骨(せんこつ)」
「尾骨(びこつ)」となっています。

頚椎は7個の骨、胸椎は12個、腰椎は5個の骨から構成され
それに続く「仙骨」はもともと5個の仙椎に分離していましたが進化の過程で
「骨癒合」して1つの仙骨となっています。最後に、小さな尾骨が続いています。

脊柱は前からながめるとまっすぐに見え、
横からみると「ゆるやかなS字状カーブ」を描いています。
このゆるやかなカーブの事を専門的用語で「生理的湾曲」と呼びます。
この生理的湾曲が崩れることが、肩こりや腰痛の原因となります。
特にイラストの赤線・矢印の部分が頚椎ですので

夜寝て、疲れた関節周りを回復させるためにも枕は大切になってきます。

 

 

京成線公津の杜駅から徒歩1分!整体・鍼灸・自律神経調整・アロマを組み合わせた

オリジナルオーダーメイド療法で体質から改善!

むち打ち、シビレ交通事故後遺症の専門治療

 

セドナ整骨院・鍼灸院 公津の杜院
0476-27-3949

千葉県成田市公津の杜2-14-1 セキードセキ1F

肩こりは〇〇を首から下げているのと同じ!

2018.04.20 | Category: 肩こり

こんにちは

成田市公津の杜

セドナ整骨院・鍼灸院の金子です。

 

肩こりでお悩みの方は多いかと思います。

立ち仕事、座り仕事関係なく、こる時はこるんですよね(+_+)

 

肩こりで大切なことは

「勝手にこっているのではなく必ず原因がある」ということです。

 

筋肉は必要であると感じた時に脳から指令が出て緊張します。

なのでそのこわばった肩の筋肉も脳からの指令によって緊張してしまっているんです。

 

ではどういう時にこりやすいか・・・

それは「頭を支えなければいけない時」なんです。

つまり首が前に出ている=背骨のゆがみ

ということになります。

 

頭ってとても重たく、体重の約10%の重さがあると言われています。

体重50キロであれば頭は5キロ

体重70キロであれば頭は7キロくらいあるんです。

 

5キロと言えば米1袋と同じ!

米袋を首に常にぶら下げていたとしたら・・・(>_<)

 

また米袋は重たいので持ち方が大切です。

 

抱きかかえて持つと軽く感じ、

前ならえして持つとズシッと重たいですよね。

首も同じで頭が前に出ていれば出ているほど首にかかる重さが強くなります。

 

なので首の位置や姿勢はとても重要なんです。

 

特に猫背や腰が丸まっている方は要注意。

米袋を前ならえして持っているのと同じ状態になります!

 

 

猫背や腰が丸くなっている方は背骨の関節が固くなっていることが多いです。

こういった場合には整体施術が有効です。

 

肩こりや姿勢の悪さでお悩みの方ご相談ください。

 

成田市公津の杜2-14-1 セキードセキ1F

交通事故によるむち打ち、痛み、シビレの専門施術を行う

セドナ整骨院・鍼灸院 公津の杜院

0476-27-3949

 

アクセス情報

所在地

〒286-0048
千葉県成田市公津の杜2-14-1

駐車場

2台あり

休診日

木・祝日

ご予約について

当院は予約優先制となっております