- 頭痛(緊張型頭痛・偏頭痛)

頭痛(緊張型頭痛・偏頭痛)

なかなか良くならないその「頭痛」本当に今の治療がベストでしょうか?

朝起きてからずっと頭が重い。仕事でパソコンをしているとすぐに目が疲れる。午後には頭痛がしてくる。良くないと分かりつつも習慣で「痛み止め」のお薬を飲んでしまう。そんな生活から1日でも早く抜け出しませんか?そのつらい頭痛の原因は1つだけとは限りません。今の状態を見極め、頭痛から解放された楽な生活を目指して適切な施術を提案致します。

頭痛は日本人の4人に1人がお悩みの疾患ですが、原因は100名いたら100通りあり、あなたの「頭痛」の原因もやはり周りの方とは違うのです。
世間でよく言われている頭痛の主な原因として「肩こり」「ストレートネック」「パソコン」「ストレス」などがあげられます。
確かにそれらも大きな要因のひとつです。さらに頭痛には首から肩の筋肉の緊張、首の背骨の歪み、姿勢不良、そして「噛みあわせ」なども大きく影響します。
患部だけではなく、生活習慣を考慮し、より広い原因を考え施術を行う事で一日でも早い回復を目指します。

このような症状でお困りではありませんか?

  • 1週間に1回以上頭痛がある
  • 頭痛のせいで「イライラ」する
  • 良くないと思いつつも「頭痛薬」を飲んでしまう
  • こめかみが痛くなる
  • 頭痛のせいで、家事や仕事ができない
  • 生理周期になると頭痛がする

まず頭痛で当院を受診される前にお伝えしなければいけない事があります。それは整骨院・鍼灸院では対応できない頭痛があるということです。主に脳卒中や頭部のケガによる硬膜下血腫、脳腫瘍などがあげられ、生命に危険が及ぶこともあります。

代役のいない、ご自分の大切なお身体を守る為にも一度、チェックしてください。

  • 今まで経験したことのないような頭の痛み
  • 片方の手足、顔半分の麻痺、痺れが起こる(手足のみ・顔のみの場合もあります)
  • 呂律が回らない、言葉が出ない、他人の言うことが理解できない
  • 力があるのに立てない、歩けない、ふらつく
  • 片方の目が見えない、物が二重に見える、視野の半分が欠ける

このような症状の場合は、速やかに医療機関で精密検査を受ける事をお勧め致します。

頭痛は風邪などの発熱、副鼻腔炎、眼科疾患、こういった病気が原因で起こる事もありますが慢性頭痛といういわゆるこれと言った原因、問題がない場合の「一次性頭痛」が全体の90%を占め、残りの10%は危険な頭痛の「二次性頭痛」です。

「一次性頭痛」は命の危険はないものの生活の質を下げてしまうため1日でも早く解決しましょう!
「二次性頭痛」は重篤なため病院で早急に治療を開始しなければいけません。

頭痛についてさらに詳しく

それではもう少し詳しく頭痛の種類について説明します。
当院で治療の対象となる「一次性頭痛」には大きく分けて2つのタイプがあります。

緊張型頭痛(筋緊張性頭痛)

頭痛の中で1番多いタイプがこの「緊張型頭痛」です。
日本人では約2200万人、15歳以上の国民の22.4%とも言われ、肩や首の筋肉の緊張によって頭痛や、しめつけられるような重苦しい痛みが続きます。好発年齢は30歳以降ですがパソコンやスマートフォンの影響で10代も増えてきています。

緊張型頭痛の特徴

  • 頭がしめつけられるように痛む
  • 頭の上に石が乗っているように重い
  • 首こり、肩こりと一緒に起こる事が多い
  • 肩甲骨の内側や、腕までぴりぴりと痺れてくる
  • 痛みが続くとめまいも起きる
  • 風呂に入ると楽になる
  • デスクワークや同じ姿勢でいると起こりやすい
  • 夕方から夜にかけてが多い

緊張型頭痛の大部分は筋肉や首のゆがみが原因です。頭から首、肩、背中にかけての筋肉が過度に緊張し、血管が圧迫を受ける事で血流が悪くなり、さらに患部で酸欠が起こります。すると筋肉に老廃物や疲労物がたまり痛みを引き起こします。

長時間の同じ姿勢や、心配事、不安などの精神的なストレスが原因で筋肉の緊張は起こりやすくなります。一度頭痛が起こると、痛みによるストレスで余計に緊張し、頭痛がひどくなるという悪循環に陥ることがあります。

偏頭痛(片頭痛)

日本の人口で見ると偏頭痛は約840万人、15歳以上の国民だと8.4%になります。

頭痛の代名詞のようになっている「偏頭痛」。こめかみを中心に脈を打つように「ズキン、ズキン」と痛み、時にたえ難い痛みに襲われ、吐き気やひどくなると失神してしまうほどです。女性に多いのが特徴です。また遺伝性が強く両親が頭痛持ちだと、子供も片頭痛を起こしやすいと言われています。

偏頭痛の特徴

  • 20〜50歳代の女性に多い(多くは30歳までに発症)
  • 片側のこめかみを中心に痛み、ひどくなると前や後ろにも痛みが広がる
  • 脈打つように「ズキン、ズキン」と痛み、頭が動くと痛みが強くなる
  • 吐き気や視界に光がチラつく
  • ストレスによる自律神経の乱れ
  • 手足の冷えがあることが多い
  • 両親も頭痛持ちである(遺伝することが多い)
  • 風呂に入ると悪化する

偏頭痛は頭部の血管が拡張し、炎症を起こして痛みが起こる頭痛です。ズキンズキンと心臓の拍動に合わせて痛みが強くなり「閃輝暗点」と言う頭痛が起きる前に目の前がチカチカ眩しく光る前兆をともなう事があります。

痛みのきっかけは人それぞれで、一般的にはストレスやホルモンの乱れ、天候やアルコール、食品などがきっかけとなることが多いと言われています。血管が拡がることで、その血管の周囲を取り巻く神経に「引き伸ばされる力」が加わります。すると神経は電気刺激を発し、脳が「痛い」と認識します。すると炎症が起きた時のように発痛物質が作られ、さらに痛みが増長していきます。温めたり運動したりすると悪化することも特徴のひとつです。

天気と頭痛の関係

天気の変化も患者さんが抱える頭痛にとって大きな原因のひとつです。人間も自然の一部なので「気圧の変化」に応じて身体も変化していきます。雨が降るような低気圧が近づいてくると気圧の変化のストレスによって血管が収縮します。その後、体の正常な働きで血管を拡張させて戻っていくのですが、この差が大きければ大きい程、血管の周りにある三叉神経を刺激して偏頭痛を引き起こします。

こういった頭痛は当院で得意としている症状のひとつです。
緊張型頭痛も偏頭痛も自律神経の乱れや姿勢不良から起こることが多く、骨格矯正・鍼灸・自律神経・アロマの観点から施術を行っていきます。特に体が慢性的に緊張している場合や体質的に冷えなどが強い場合は首や肩だけでなく、全身の施術が有効です。ホームケア用のアロマなども含めて施術を進めていくことで精神的な癒しを得ながら症状を改善させていくことができます。

セドナ整骨院・鍼灸院での施術

皆さんは人間の頭蓋骨は何個の骨から構成されているかご存知でしょうか?

頭蓋骨は1個の大きなかたまりではなく、23個の骨がパズルのように組み合わさり顔や頭を構成しています。この頭蓋骨の動きは脳が感じるストレスと関連が深いと言われています。骨格のゆがみ、姿勢不良、積み重なるストレスなどによって自律神経が乱れることで首や肩の緊張が強くなり、血流の低下や患部で酸欠を引き起こします。これらが頭痛の原因となります。

背骨や骨盤のゆがみを矯正し、頭蓋骨を正しい状態へ調整することで自律神経のバランスが整い回復力を取り戻し頭痛のしにくい体質へと変わっていきます。

頭蓋骨調整

頭蓋骨は23個の骨が複雑に組み合わされおり、精密機器のように非常に繊細な骨です。頭蓋骨矯正には高度な技術と繊細な感覚が必要不可欠な、高等治療になります。頭蓋骨は脳や目などを包む大切な骨ですので、微妙な歪みを調整しながら顔や頭のバランス、自律神経のバランスを整えます。

問診・カウンセリング

現在のお身体の状態と過去の既往などから多角的に判断します。

電気治療

痛みの出ている部位や固まってしまった筋肉に電気治療を行い血流の改善を行います。

温熱療法

赤外線治療器を使用し固まってしまった首や肩の筋肉の血流改善を行います。

マニュピレーション

マッサージ的な施術で患部を含めた全身の筋肉を緩めていくと同時に、リンパの流れも改善していきます。

整体

整体治療は骨盤や背骨、手足など体全体の骨格のゆがみやズレの矯正と筋肉や関節の調整をし痛みや可動域の改善を行います。整体によって身体のバランスを正常にすることで、本来もっている自然治癒力(自律神経の調節機能)を取り戻して頭痛の原因を根本的に治します。

鍼灸治療

鍼治療では皮膚の上から行うマッサージよりも、皮膚の下の深い所にある硬結部位(固まってしまった筋繊維)に直接アプローチすることで、痛みの原因となっている筋肉をゆるめたり、発痛物質の除去や神経の圧迫の改善を行います。

灸治療では皮膚の上から熱刺激を加えることで毛細血管を拡張させて発痛物質の除去、痛みを出している神経の興奮を沈静化させて痛みの緩和を行います。体質的な問題が見られる場合は手足、背部、腹部、頭部など全身のツボを刺激し体質へアプローチを行います。

アロマトリートメント

コリ固まった筋肉や自律神経の乱れ、炎症時などでそれぞれに適したアロマを塗布または芳香浴療法にて使用します。

運動療法

ご自宅でもセルフケアができるように簡単な体操やストレッチを指導いたします。機能低下が起こっている筋肉に対しての再教育、解剖生理学に基づいた正しい知識を指導し「正しい脊柱の位置、姿勢の保持」を目的として行います。

新規のご予約をご希望される方へ

※「痛みの部位」「現在、お困りの事」などをご予約の際に事前にお知らせください。

※高校生以下の方は「初診治療」だけは保護者の方もご一緒にいらしてください。(施術の方向性や計画、料金体系などをお話させて頂きます。二回目以降は本人のみでも大丈夫です。)


アクセス情報

所在地

〒286-0048
千葉県成田市公津の杜2-14-1

駐車場

2台あり

休診日

木・祝日

ご予約について

当院は予約優先制となっております