- Blog記事一覧 -腰椎椎間板ヘルニア

腰椎椎間板ヘルニア

2020.11.30 | Category: 腰痛

皆さん、こんにちは!

セドナ整骨院・鍼灸院 公津の杜院の篠原です。

今回は腰椎椎間板ヘルニアについてご紹介していきます。皆さんはヘルニアについてどのような印象がありますか?なんとなくは知っている方が多いかなと思いますが、きちんと知ることも大切だと思いますので、詳しくご紹介していきます。

椎間板ヘルニアとは、腰椎の椎骨と椎骨の間で衝撃を緩和させてくれるクッションのような役割を果たしている軟骨(椎間板)が変性し、組織の一部が飛びだすことを言います。このとき、飛びだした椎間板の一部が付近にある神経を圧迫し、腰や足に激しい痛みやしびれなどの症状を起こします。

椎間板ヘルニアの症状と治療および予防法 | 子供や大人のスポーツ障害の治療の基礎知識

原因として環境要因(姿勢や動作)など体質やもともとの骨に形。そして、加齢が大きく関係しています。椎間板は座る、立ったまま前屈をする姿勢や動作でも体重の2.5倍の圧力がかかると言われています。こういった繰り返しが椎間板にストレスを与え、変性し椎間板ヘルニアに発展してしまうと考えられています。椎間板は縦方向の圧力には強い反面、曲がったりひねったりという方向には比較的弱い性質があり、腰を曲げて重いものを持ち上げたり、身体を強くひねるといった動作が引き金となって、腰椎椎間板ヘルニアを発症することが多いです。悪い姿勢を長時間続けることや、喫煙が原因になることもあるので今一度ご自身の生活習慣を見直していきましょう。

日常的な予防方法としては、背骨に負担をかけないことが大切になってきます。重いものを持つときは骨盤と腰をかがめずにしっかり膝を使って持ち上げましょう。長時間同じ姿勢でいることを避け、適度な運動を習慣づけることも効果があります。腹筋や背筋は背骨への負担を少なくするので、筋力の維持・向上を心がけていくことが好ましいです。タバコに含まれるニコチンは血管を収縮させることで変性を促進するため、禁煙していくことをおススメします。

ヘルニアの写真素材|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK

ヘルニアになってしまうと痺れなどで日常生活に支障が出てしまいます。そうなってからでは遅いので、予防できる心がけていきましょう。運動も無理のない範囲で始めてみましょう。運動はヘルニアだけに限らず、生きていく上で身体にとって良い事ですので、一人で始めるのではなくご家族やご友人と一緒に始めてみるのも良いかもしれませんね。

分からないことがありましたら、気軽にご相談ください。

~セドナの公式アカウント~

Facebook

Instagram


アクセス情報

所在地

〒286-0048
千葉県成田市公津の杜2-14-1 セキードセキ1F

駐車場

2台あり

休診日

木・祝日

ご予約について

当院は予約優先制となっております