- Blog記事一覧 - 2020 7月の記事一覧

2020 7月の記事一覧

8月 スケジュールカレンダー

2020.07.27 | Category: お知らせ

こんにちは!

セドナ整骨院・鍼灸院 公津の杜院の篠原です。

8月のスケジュールカレンダーが出ましたのでスマホやパソコンに保存してお使いください。

女性ならではのオイルトリートメント施術は大変ご好評いただいております。「疲れ、浮腫、痩身、冷え」などでお困りの方にオススメです!上半身も下半身も受けられますのでこの機会に是非受けに来てください!

※スケジュールの変更になる場合がございます。完全予約制になっていますのでご来院の際にはご予約をお願い申し上げます。

冷え

2020.07.21 | Category: 未分類

こんにちは!

セドナ整骨院・鍼灸院 公津の杜院の篠原です。

今回は身体を冷やしてはいけないということについてご紹介していきます。

自律神経失調症やうつ病にも関係しており、身体が冷えてしまっている状態は血流の流れが非常に悪くなっている状態を指します。手足もそうですが、内臓も冷えている方が多いです。また、これらは血管が細くなっている傾向が多いです。

血液は酸素や栄養素などを運んでおり、身体が冷えてしまっているところは血液が滞っている場所でもあります。

そして、身体が冷えるとストレスにもなります。以前、ブログでもご紹介した温度・湿度のストレスという項目に当てはまります。ですから、なるべく冷たい飲み物や食べ物、寒い部屋での長時間の滞在は気を付けてください。温かい飲み物や常温の物、いつもシャワーで済ませてしまっている方は積極的に湯船につかり身体を温めてあげてください。

女性は男性に比べて筋肉量が少なく、身体の温度の多くは筋肉が作っています。人は外部の温度が変わっても体温を一定に保つ恒温動物なんですね。寒い時に小刻みに震えたりしませんか?これが筋肉の特徴の一つ「熱産生」と呼ばれるものです。震わせることで熱を作っているのです。ですから、筋肉量の少ない女性に多い症状の1つなのです。ただ、男性にはない症状ではありません。身体を動かすことが少ない男性でも起こりやすいです。

夏でも温かい飲み物を取ることや湯船につかることは大切です。最近では、電車の中やお店の中も寒いですよね。邪魔になってしまうかもしれませんが、羽織れるものを持ち歩くことをおススメします。

自律神経~副交感神経とは~

2020.07.12 | Category: 自律神経失調症

こんにちは!

セドナ整骨院・鍼灸院 公津の杜院の篠原です。

今回は副交感神経について。

副交感神経

副交感神経は太陽が沈み夜になるにつれて段々と活発になり、リラックスしている時・ご飯を食べている時や寝ているときによく働きます。安心している時も働きやすくなります!

その他にも

・血圧が低くなる

・脈拍が遅くなる

・血管が広がる

・唾液の量が多くなる

・胃腸の動きが活発になる

・瞳孔が小さくなる

・呼吸数が少なくなる

交感神経とは真逆の働きをします!

副交感神経は身体を治すことに適した神経です。寝ている時が一番身体が休まるのは、寝ている間に副交感神経が活発に働くことで疲労や内臓の修復をしてくれているからです。

本来、眠るはずの時間に交感神経を優位にしてしまうと眠りが浅くなったり、寝つきが悪くなったりします。身体を修復していく時間なのにできていなかったり、翌朝に疲労が溜まったままになってしまうのです。

夜更かしや寝る前のスマホやパソコン、遅くまで仕事をしたりすると交感神経ばかりが働いてしまいます。

ですが、基本的には寝る時間と起きる時間を一定にしリズムをつくることで自律神経のバランスが整いやすくなります。最初は難しいかもしれませんが、少しづつチャレンジしてみてください!

~セドナの公式アカウント~

Facebook

Instagram

公式YouTubeチャンネル

自律神経~交感神経とは~

2020.07.11 | Category: 自律神経失調症

こんにちは!

セドナ整骨院・鍼灸院 公津の杜院の篠原です。

今まで自律神経に関してのブログをシリーズ化しており、交感神経や副交感神経についてたくさん触れていましたが、ここでもっと詳しくこの二つの神経を徹底解剖していきます。

交感神経

交感神経は太陽が昇る頃、段々と活発になっていき、皆さんが動いている時や誰かと争ったりするときによく働きます。自身にストレスがかかっている時はストレスから身を守る(戦う)ために交感神経が働きやすくなります。

そして心的な状態としては興奮・不安・怒りや緊張感の状態の時にもっとも働きます。

その他にも

・血圧が高くなる

・脈拍が早くなる

・血管が細くなる

・唾液が増える

・胃腸の働きが悪くなる

・瞳孔が大きくなる

・呼吸の数が増える

たくさんの働きがあります!

自律神経失調症の方やうつ病と言われた方はこの交感神経と副交感神経のバランスが崩れてしまっている状態です。

副交感神経が優位になっているはずの寝るときなどに交感神経が優位になると寝つきが悪くなり、ひどくなると不眠症になってしまうかもしれません。それから眠りの質が下がると疲れが取れにくくなり、ストレスが蓄積していき、頭痛・耳鳴りなどの症状と結びつき、状態が悪くなってしまうという悪循環になるという事ですね。

交感神経はたくさんの働きがありますね!次回副交感神経について詳しくご紹介しますが、この二つがシーソーのようにバランスを取り合っていることが正しい自律神経の働きです!

~セドナの公式アカウント~

Facebook

Instagram

公式YouTubeチャンネル

アクセス情報

所在地

〒286-0048
千葉県成田市公津の杜2-14-1

駐車場

2台あり

休診日

木・祝日

ご予約について

当院は予約優先制となっております