- Blog記事一覧 - 四十肩・五十肩の記事一覧

四十肩・五十肩の記事一覧

リトルリーガー肩(成長期特有の野球肩)

2020.04.24 | Category: 四十肩・五十肩,整体

こんにちは!
セドナ整骨院・鍼灸院 公津の杜院の篠原です。
今回はリトルリーガー肩についてです。

成長期の少年に多い、誤ったフォームでの投げ過ぎによって痛みを訴えることが多いケガです。

骨を形成する軟骨(成長軟骨)がありますが、軟骨は骨に比べて強度が弱く、投げ過ぎによるストレスで損傷しやすい組織です。

リトルリーガー肩とは、肩に近い方の上腕骨の成長軟骨の炎症や骨端線離開(軟骨が剥がれてしまう)が起こって痛みが表れるスポーツ障害です。

放置しておくと痛むだけでなく成長障害にも繋がる可能性もあるので要注意です。

 

好発する年齢は10~15歳の投手です。
※小学校高学年から中学校の野球少年の肩の痛みでは第一に考えられる症状です。

下記に当てはまる方は特に気を付けましょう。

・身体ができていないうちから何十球も毎日投げている

・子供が疲れていたり、自覚はなくとも肩や肘の筋肉がパンパンになっている状態での投げ過ぎ

・肩の開きが早くリリースポイントが早い

・肘が下がりやすい

・股関節や足首が固く下半身主動で投げられていない(手投げ)

・小手先の動きで変化球を投げている

など

 

~症状~
・投球時、投球後の肩の痛み

・痛いので投げるのが怖い

・熱感

・投げない時は痛くない

などが主な症状です。

最短で治す場合はまず投球を中止し安静にすることが大切です。

安静にしている間に動かしたときの痛みが減ってきたら、肩周辺のストレッチングと肩関節の可動域訓練を少しずつ始めていきます。股関節が固い場合は一緒にストレッチングを行います。

※高校生の頃の大谷翔平選手(肩甲骨、肩の柔らかさが異常です!)

 

徐々にボールを使った練習などをしていき肩周辺の筋力訓練をしていきます。まだ身体も大人に比べて大きくないので、無理な運動は避けたほうが良いです。

小さい時に痛めたまま運動を続けた場合、高校生・大学生になったときに大きな怪我の要因になってしまう可能性があります。

そうなってからでは遅いので今のうちからしっかり治療し、投げる動作以外の運動をお勧めします!

 

当院では背骨や骨盤の骨格を矯正し、肩や股関節の可動域を広げて投球しやすい身体をつくっていきます。

またはメディセルという筋膜リリースの機械を使用して肩周りを柔らかくしたり、鍼治療で炎症を抑える施術も有効です。

 

公津の杜院の金子院長と自分は野球経験者ですので、怪我の悩み相談も勿論ですが野球動作に関しての知識もありますのでお気軽にご相談ください!

 

~SNSでも情報を発信しております~

Facebook
https://www.facebook.com/sedona.koudunomori/

Instagram
https://www.instagram.com/sedona_kozunomori/

四十肩・五十肩

2020.04.20 | Category: 四十肩・五十肩

こんにちは!

セドナ整骨院・鍼灸院 公津の杜院の篠原です。

 

今回は四十肩・五十肩についてご紹介します。

四十肩・五十肩は別名・肩関節周囲炎と呼ばれます。皆さん、肩こりと誤解しやすいですが肩こりは筋肉の疲労から筋肉の酸素不足→血液循環が悪くなり老廃物が溜まりやすくなったせいで肩の重さや違和感が感じられるんですね!

一方、四十肩や五十肩は肩の炎症です。肩関節を支える回旋筋腱板・ローテーターカフと呼ばれる深部の筋肉(インナーマッスル)が萎縮して腕を支えられなくなったり、逆に使い過ぎにより切れてしまうことから始まります。運動不足や猫背などの姿勢不良から起因することが多く、デスクワークで運動習慣がない方は要注意です。

 

下記のような症状に当てはまる箇所が多いと四十肩・五十肩の可能性が高いですね。

・きっかけは無いが、痛みや肩の動きの悪さが出始めた

・症状が1週間経っても治まらない

・安静にしていても痛みがある

・寝るときに痛みが強くなる

・肩だけでなく腕の方にも痛みがある

・手が背中に回らない

・髪を洗うのが難しい

・服を着る為に腕を上げるのが辛い

・痛みが治まったが腕の動きが悪い

 

痛みのある炎症期は冷やすことが大事になってきます。ですが、痛みは無くなったが肩の動きが悪い拘縮期は逆に温めてあげて血液の循環を促進させることが大事です。

放っておくと日常生活が不自由になるばかりでなく、関節が固まってしまい動きにくくなることもありますのでストレッチや振り子運動を使い筋肉を使ってあげることも治療の一つです。(痛みが無くなった時から)

ご自宅で出来ることもたくさんあります。放置せずに早期からしっかり治していきましょう!

私達が皆さんのお力に必ずなりますのでお気軽にご相談ください。

 

 

~SNSでも情報を発信しております~

Facebook

https://www.facebook.com/sedona.koudunomori/

 

Instagram

https://www.instagram.com/sedona_kozunomori/

 

「肩が上がらない!」原因と予防方法

2018.10.20 | Category: 四十肩・五十肩

こんにちは、セドナ整骨院の金子です。

 

突然起こる激痛と共に肩が上がらなくなる症状…いわゆる四十肩・五十肩。

 

40から50代の年代の方に多いことからこう呼ばれていますが、20代でも80代でも起こります。

このつらさ、患ったことがある方ならお分かりになると思いますが、とにかく痛いんです。。

 

ひどい場合ですと少しでも腕が動くとビキッと来てうずくまってしまうほど。まさに痛風の肩バージョンのようなものですね。

 

当院で診ている中で多い原因としてはやはり運動不足です。

日常生活で肩を動かすことって頭を洗う、ドライヤーかける、洗濯物を干す、つり革につかまる・・・以外はほとんどないんですよね。

 

足より使用頻度が低い分、意識して使わないと肩周辺の筋肉はあっという間に落ちていってしまいます

肩の筋肉は腕を常に支えています。腕(上腕、前腕、手)の重さは体重の約6%と言われています。なので体重が50kgだったら腕の重さは3kgもあります。男性ならもっと重いですね。

 

常に3kgのものをぶら下げている状態でどんどん筋肉が落ちていったとすると・・・いつかは筋肉が耐えきれなくなって切れてしまいます。

 

これが突然起こる四十肩・五十肩の原因の多くを占めています。

 

更にゆがみや姿勢不良などによって肩こりがあり、首や肩周辺の血流が悪かったとすると、筋肉はこわばってしまい余計に切れやすく、そして治りにくくなります。

 

・デスクワーク

・運動不足

・肩こり

 

この3拍子そろっている場合は肩を痛めるリスクが高くなっています。

一般的にはシップと痛み止めで治していくと痛みがなくなるまで1,2年はかかると言われています。運動療法を行わなかった場合、痛みは取れたものの関節の可動域がなかなか戻らないということも多いため予防が大切です。

 

日常でできる予防としましてはやはり肩を動かすこと。

肩は本来大きい可動域を持った関節です。なのでなるべく大きく使うことが大切です。

 

 

このように前後・左右・上下色々な方向に伸ばし、日ごろから血の巡りを意識しましょう。

 

ジムに行っている方でしたら肩や背中周りの筋トレも予防に効果的です。

 

主なトレーニングと働く筋肉はこちら

・ショルダーシュラッグ⇒僧帽筋

・ベンチプレス(チェストプレス)⇒大胸筋、上腕三頭筋、三角筋

・ショルダープレス⇒三角筋

・ラットプルダウン⇒広背筋

・ロウイング⇒広背筋、菱形筋、僧帽筋

・アームカール⇒上腕二頭筋

 

などなど…

トレーナーに組んでもらうのもよいですし、相談していただければお身体をみて私が組むこともできます(^^)

 

当院では四十肩・五十肩に特化した施術も行っています。

お困りでしたら気軽にご相談くださいね。

 

 

セドナ整骨院・鍼灸院・カイロプラクティック

成田市公津の杜2-14-1 セキードセキ1F

0476-27-3949

 

四十肩・五十肩の夜間痛

2018.03.19 | Category: 四十肩・五十肩

ある日突然、激痛とともに腕が上がらなくなる・・・

四十肩・五十肩の代表的な症状ですね。

 

 

 

正式名称は肩関節周囲炎といい、関節の周りで

筋肉や靭帯などが炎症を起こしてしまっている状態です。

 

40代、50代の方に多いことから四十肩・五十肩と呼ばれます。

ここでは便宜上「四十肩」と呼びますね!

 

四十肩で多いのが最初に書いてあるように突然激痛と共に腕が上がらなくなるという症状です。

これは多いのが肩の筋肉が腕の重さに耐えられず切れてしまった状態です。

運動不足や姿勢不良によって筋肉がうまく使われずにいることで

筋肉が萎縮していき最終的に切れてしまうんです。

 

そんなに使っていないのになぜ・・・?

 

と仰る方も多いのですが

筋肉は使い過ぎでも使わなすぎでも切れてしまいます。

古いロープなども劣化するとブチッと切れてしまうのと似ています。

 

四十肩は普段の激痛もつらいのですが、

何より夜間痛と言って寝ているときまで痛いのが特徴です。

 

 

特に仰向けで寝たり、寝返りなどで強く痛みます。

ひどいとジッとしていもジンジン・ズキズキと痛んできます。

 

これは肩の中で炎症が起きていて、仰向けになると腕の重みで炎症部を引っ張ってしまうことで刺激をしてしまうからです。

 

また炎症が起きることで充血や腫れが発生し関節の中の圧力が上昇します。

血液などが肩から出ていく量より入ってくる量が上回ることで関節の中が

液体で満たされていきパンパンになります。

これがジッとしてても痛い原因なんです・・・

 

四十肩は一度なると自然治癒まで1年~2年ほどかかると言われています。

炎症が起きている期間を短くすればするほど

回復までの期間が短くなります。

 

四十肩の治療はスピードが命ですので、

なってしまった場合は早めにご相談ください!

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

facebookでもセドナの日常や情報を更新中!

 

 

四十肩・五十肩には鍼灸整体が効果的です。

成田市公津の杜2-14-1セキードセキ1F

セドナ整骨院・鍼灸院 公津の杜院

金子竜太

アクセス情報

所在地

〒286-0048
千葉県成田市公津の杜2-14-1

駐車場

2台あり

休診日

木・祝日

ご予約について

当院は予約優先制となっております