- Blog記事一覧 - 自律神経失調症の記事一覧

自律神経失調症の記事一覧

休むことも大切

2020.05.26 | Category: 自律神経失調症

こんにちは!

セドナ整骨院・鍼灸院 公津の杜院の篠原です。

最近は天気の波が激しく、暑かったり寒かったりとなんだかパッとしないですね。こんな時に体調を崩す方やどこか痛みを抱える方が増えてきます。また、自律神経の乱れから来る頭痛やめまいなどの症状も増えてくるので要注意です!

今回、自律神経についてご紹介していきます。

自律神経を例えるのなら「電気のブレーカー」です。皆さん、ブレーカーが落ちた時一番最初にやることって他の電化製品のスイッチをきりませんか?また、落ちるかもしれないからブレーカーを上げる前にスイッチを切りますよね!

自律神経失調症なのかなとご自身で考えている方や病院などでそう診断された方。ご自身の身体のブレーカーが落ちても「まだまだやらなきゃ」や「もっと頑張らないと」なんて考え、自分のスイッチを切らなかったのではないでしょうか。それが電気のブレーカーと一緒で上げたはずのブレーカーがまた落ちる。余計に自律神経の症状が悪化するという事なんです。

実は自律神経失調症の症状は皆さんを苦しめるのが目的ではなく、皆さんの心と身体にサインを送っている状態なんです。心と身体のブレーカーが落ちそうだから、「頑張り過ぎないで」や「少し休んで」と教えてくれているのです。症状が続く方は無意識で頑張ってしまっているのかもしれません。

その症状が出てしまうまで頑張り過ぎた心と身体のブレーカーを勇気を出して落としませんか?休む、手放す、人に任せる、先送りにするなどなど。つらい時はちょっぴりラクをしてみてください。あなたが壊れてしまうことが一番みんなが悲しんでしまいます。

それが、症状改善の第一歩です。

~セドナの公式アカウント~

Facebook

Instagram

公式YouTubeチャンネル

自律神経と生活のリズム

2020.05.23 | Category: 自律神経失調症

こんにちは

セドナ整骨院・鍼灸院公津の杜院です。

コロナウイルスの影響がまだまだ残りますが皆様の体調はいかがでしょうか。

生活や仕事の環境の変化によって生活のリズムが狂ってしまっている方も多いように感じます。

人間の脳は「リズム」が大好きです。同じ時間に起き、同じ時間にご飯を食べ、そして同じ時間に寝る・・・といった生活にリズムがあると自律神経が整いやすくなります。

科学的にも「リズム」を意識することで自律神経のバランスを整える「セロトニン」という脳内物質の分泌が増え、自律神経の働きが安定しやすくなることが分かっています。

人間は常に外の環境に合わせて脳の中のプログラムを変えています。最初は早起きがつらくても、しばらく続けているうちに自然と起きられるようになるのも脳が調節してくれているからなのです。

ですが仕事や家の事情でリズムがバラバラになってしまい、規則正しい生活は難しいという方もいるかと思います。それは健康を目指すうえで大きなハンデとなってしまいます。なので1日の中で大きなリズムはできなくても小さなリズムを作ることから始めてみましょう。

一番コントロールしやすいのが「睡眠」です。特に寝る前のリズム(ルーティン)をつくることをオススメします。

例えば寝る2時間前に風呂に入り、風呂から出たら水を飲んで休憩し、5分間ストレッチをして寝る…というちょっとした流れを意識するだけでも睡眠の質が変わってきます。

逆によくない寝る前の習慣としては、寝る直前に熱い風呂に入ってたくさん汗をかく、スマホやパソコンをじっとみつめる、持ち帰った仕事をする、格闘技やスポーツなど興奮する動画を観る…などがあげられます。

可能な方は休みの日にも同じ時間に起きて寝ることを意識し、それが難しい方は寝る前だけでもリズムを意識してみてください。睡眠の質が変わると翌日の疲労感が変わり、やがて心や身体も変わってきます。ぜひ試してみてください。

~SNSでも情報を発信しております~

Facebook

Instagram

ペットと脳内ホルモン

2020.05.13 | Category: 自律神経失調症

こんにちは!
セドナ整骨院・鍼灸院 公津の杜院の篠原です。
最近はとても暑いですね、皆さん体調はいかがでしょうか?

実は、5月5日からパピヨンの女の子リリィちゃんが篠原家の一員になりました。非常に可愛く毎日デレデレです(笑)

 

2020.05.10に生まれたばかりで900gしかありません!
ワンちゃんを飼う際にペットショップの店長さんが教えてくれたことを紹介させてください。

皆さん、アニマルセラピーという言葉はご存知ですか?
ペットと触れ合うことで、幸せホルモンとして有名なオキシトシンやセロトニンというホルモンが分泌されます。

オキシトニンやセロトニンは幸福ホルモンとも呼ばれ、感情や気分をコントロールしてくれて、精神を安定させる作用があります。

またセロトニンは自律神経の調整作用、やる気にさせる、前向きになるといった作用もあります。

そしてペットというのは意外にも子どもとの相性が良く、特に犬は人懐っこい性格であるが故に子どもに怯えることなく、親の代わりとなって相手をしてくれます。犬のフワフワな触り心地によって赤ちゃんの体内でもオキシトシンが分泌され、安心や元気を与えてくれる存在になるそうです。

これらはペットだけに限らず、身の回りにいる大切な人にも言えることですよね。大切な人達と触れ合うことで自分にも相手にも幸せホルモンが分泌されます。コロナの影響で外出ができない日々が続いていますよね。

こんな時だからこそ、大切なペットと触れ合う時間を増やしたり、大切な人とたくさん会話して皆さんにとってこのピンチがチャンスに変わっていけたらなと願っています。
ぜひ、公津の杜院で皆さんのペットの話や大切な人とのエピソードなんかを聞かせてください。

 

~SNSでも情報を発信しております~

Facebook

https://www.facebook.com/sedona.koudunomori/

 

Instagram

https://www.instagram.com/sedona_kozunomori/

 

症例報告 60代女性 自律神経失調症

2020.03.21 | Category: 自律神経失調症

【症例報告】

60代女性

 

〇主訴

・胃のあたりのモヤモヤする、ムカムカ感、ドクドク感

・食欲不振

・嘔吐や下痢をしていた時期があった

・だるい、眠れない

・不安感

・トイレが近い

・冷え

・病院で自律神経失調症と診断

 

〇他覚所見

・首から腰まで全体的に筋緊張が強い

・骨盤がゆがみ左脚が約2㎝短い

・背骨がCの字にカーブ、頭が右・前方へ傾いている

 

〇施術

筋肉マニピュレーションで全体的にゆるめ、カイロプラクティックにて背骨と骨盤の矯正。

鍼灸にて足、背中、お腹のツボを使って施術をし、回数を重ねるごとに改善し「足先まで温かくなってきた」とのお声をいただきました。

途中よりふくらはぎへ陰陽五行アロマオイルを使ってアロマトリートメントを行う。

胃のドクドク感、吐き気が改善。夜も眠れるようになってきており、「なんだかやる気が出てきた」とのこと。

現在もメンテナンスを行っています。

 

定期的に時間を作って通院され、ご自宅でホームケア用のアロマを使用しセルフケアもし、そのかいもあって約2ヶ月で順調に回復してきました。筋肉の緊張だけでなく、骨格のゆがみ、東洋医学、自律神経など様々な角度から施術ができるのがセドナの強みです。

 

慢性的な自律神経による症状は一筋縄ではいきませんが、施術に加えて生活習慣を改善し「健康な生き方」を実践していけば必ず可能性が拓かれます。

私達は絶対に諦めません。お悩みの方はご相談くださいね。

 

~SNS~
Facebook

https://www.facebook.com/sedona.koudunomori/

 

Instagram

https://www.instagram.com/sedona_kozunomori/

自律神経と4つのストレス

2020.02.18 | Category: 自律神経失調症

こんにちは!

セドナ整骨院・鍼灸院 公津の杜院の篠原です。

最近は自律神経失調症に悩まされている方が増えてきました。

私達が生きていく上でとても大事な神経です。

 

①自律神経

 

自律神経は2種類あり、交感神経と副交感神経の2つに分けられます。

交感神経は「労働・運動・ストレスを感じる時」などに働きます。

副交感神経は「休む・眠る・くつろぐ・ご飯を食べている時・安心感等リラックス」の時に働いています。

朝起きて、夜に眠くなるのは、昼間は交感神経、夜は交感神経が働くからなんですね!

②自律神経失調症の原因と症状は?

 

自律神経失調症の原因は主にストレスからくるものです。家庭環境や職場、学校での人間関係など。

そこからくる身体の歪み、偏った食生活などそれが普通になってしまっている状態ですと些細な事でもストレスを感じやすくなってしまいます。

そして、ストレスは4つに分類されます。

1.精神的ストレス

2.構造的ストレス

3.化学的ストレス

4.温度や湿度などの環境的ストレス

に分けられます。

 

症状としては

疲れやすい、めまい、ふらつき、冷え、頭痛、耳鳴り、便秘、下痢、生理不順、頻尿、残尿感、発汗、肩凝りなどたくさんの症状があります。

 

③当院での治療

 

当院では上記に記載したうちの「構造的ストレス」に着目し治療を行います。

構造的ストレスとは身体の歪みから来るものです。身体の背骨が歪んでくると、神経の出口を狭め神経の支配下組織の機能低下を引き起こします。そこから来る痛みが脳にストレスを与え、脳はストレスを感じると交感神経を優位にさせます。交感神経が優位になると、血管が細くなり、血流が悪くなる。そうなると、脳や全身にうまく血液が回らず、頭痛やめまいなどの症状に繋がってきます。

 

ですので、整体や鍼灸によって身体の緊張やゆがみを取り除くことによって構造的ストレスを減らすことができます。ストレスが減ることで自律神経のバランスを整え、本来身体が持つ回復力を取り戻し健康になることができます。

気軽にご相談くださいね。

~SNS~

Facebook

https://www.facebook.com/sedona.koudunomori/

 

Instagram

https://www.instagram.com/sedona_kozunomori/

アクセス情報

所在地

〒286-0048
千葉県成田市公津の杜2-14-1

駐車場

2台あり

休診日

木・祝日

ご予約について

当院は予約優先制となっております